【作成アプリ・手順を紹介!】手描き&スマホでLINEスタンプを作ってみた!

こんにちは!りか(@kei_freedomer)です!

突然ですが私、実は2年くらい前から

Rika
LINEスタンプ作ってみたいな~

とおもっていたのですが、

Rika
でもなんだか難しそうだし、めんどくさそうだな~

と、ずっと放置したままでした(笑)

ですが今回、仲の良い友達と「自分たちのLINEスタンプ作ろう!」という話になり、そのスタンプを作るついでに、2年前から作りたかった讃岐弁(香川県の方言)スタンプも作りました!

作った2種類のスタンプがこちら!

ちなみに、2つとも手描き&スマホで製作しました!

作る前は難しそうだと思っていましたが、実際に作ってみるとびっくりするぐらい簡単だったので、同じようにLINEスタンプを作りたい方の参考になればと思い、記事を書いてみることにしました!

ということで、今からLINEスタンプ作成の手順とスタンプ作成に使ったアプリを紹介したいと思います!

使ったアプリ:LINE Creators Studio

今回、私が作成に使ったアプリはLINEの公式さんが提供している「LINE Creators Studio」というアプリのみになります。

公式ページに動画で使い方の説明がありますが、説明を見なくてもスイスイ使える分かりやすいアプリでした!

スタンプ作成の手順

まずはこのようにスタンプに使う絵をそれぞれ撮ります。(なるべく明るさに差が出ないように撮るとキレイな仕上がりになります!)

そして、スタンプにしたい画像を選んで加工していきます!

写真を選んだら上のような画面になるので、「自動切りぬき」を選びます。(手動でもスタンプになる範囲を選択できますが、自動切り抜きの方がキレイに切り取れます!)

そして切り抜きたいところをこんな感じでざっくり丸で囲みます。

切りぬきには30秒くらい時間がかかりますので少し待ちます。

Rika
コーヒーを飲みながらのんびりしてたらすぐでした~笑

そして、切り抜きが終わると下のようになります。(もし切りぬきが甘いときはもう一度切りぬきを選択すると切りぬき範囲が広がります。)

また、「消す」「残す」で下のように細かい調節もできます。

この操作が終わったら「次に」を選択します。

すると、このように「スタンプシュミレータ」が出てくるので一度選択してみましょう。

すると、このように実際にスタンプを使ったときの確認ができます。

この時点でバッチリであればこのままスタンプにしてもOKなのですが、この画像の場合はこのままでは全体的にスタンプの色合いが暗く、灰色っぽくなってしまいます。

ではこれをどうにかするためにシュミレータ画面からいったん戻って、「次へ」を選択して画面の明るさやハイライトを調節しましょう。

↓こんな感じで自分好みの明るさにしていきます。

そして最後にまたスタンプシュミレータを見てみて納得したら「保存」を押してスタンプに追加しましょう。

これでスタンプが1つ完成しました!

あとは同じ手順でスタンプを追加していけば申請して自分で作ったスタンプを使うことができます!

最後に、製作手順をまとめてみました。

  1. イラストを描いて写真を撮る
  2. LINE Creators Studioで画像を加工する
  3. 申請する

この3つの手順で簡単に作ることができました。

しかも、スタンプの数も8個からで申請ができるので「自分のスタンプがほしいな~」と思っている方はぜひお気軽にやってみてください!

おまけ:LINEスタンプで収益は出るの?

ここからは、ちょっと気になる収益のお話です(笑)

今回わたしが作ったスタンプはもともと自分用と友達へのプレゼント用だったのですが、プレゼントした友達がめちゃくちゃ使ってくれていて、ありがたいことにそれを見た友達の友達が何人か購入してくれました!

とはいっても今のところ数十円の利益なので、完全に趣味の範囲です(笑)

ただ先日、フォロワー10万人以上の超有名人・箕輪厚介さんがこんなツイートをしてるのを見かけました…!

かなりレアな案件ですが、もしLINEスタンプが作れたらこういったチャンスに繋がることもあるかもしれません(笑)

とはいえ、収益うんぬん関係なくLINEスタンプ作りはとっても楽しかったですし、なにより自分で作ったスタンプを使えるのが嬉しくてしかたないです!!笑

 

ではでは、手描き&スマホでのLINEスタンプの作り方でした!

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です