【最高!】世界を放浪する写真家・Naoさんにフィリピンのシキーホル島で写真撮影をしてもらいました!

こんにちは、りか(@kei_freedomer)です!

実は先日、WORKROOMというシェアハウスで一緒に住んでいた写真家さんのNaoさん(@kinako02756687)がセブでローカルな場所を案内しながら写真を撮ってくれるという素敵なサービスを始められたので、その番外編としてシキホール島で写真を撮ってもらいました!

シキホール島の5日間の旅では色々な体験をして、それらをたくさんの素敵な写真におさめてもらいました!

 

今回はそのNaoさんが始められたサービスとNaoさん自身について紹介していきたいと思います!

※写真はNaoさんが撮ってくださったものを使用しています!✨

世界を放浪する写真家、Naoさん

※と言いつつ、最初のこの写真はわたしが撮ったものです(笑)

 

ではまず、Naoさんついて軽く紹介させていただきますね!

フジソエナオコさん/福岡県生まれの写真家兼デザイナー

■人を撮るならば、営みと文化を知ることからと、自分もその場所で暮らすという撮影スタイル

■3.11を期に東北で6年間車上生活と倉庫で生活しながら撮影

■1000人の東北のこどもたちに使い切りカメラを配り、今日の写真を未来につなげようと5年間東北拠点に活動

■ワークショップ全国20箇所、美術館やららぽーと豊洲を含む17の会場で写真展を開催

■フィリピン ボホール島のシェアハウスにて英語教室を主催

■2012年日本財団 動画コンクール入賞。2014年JPA写真コンクール入賞/。2014年365日フォトコンテスト入賞。2015年ニッコールフォトコンテスト入賞

(Naoさんの公式ホームページより抜粋)

まだまだ凄い経歴がいっぱいある方なのですが書ききれないのでこのくらいで…笑

13年間もの間カメラを構え続け、世界を渡り歩いたNaoさん。

そんなNaoさんが撮る写真はどれもすごく魅力的で心を引き付けられます。

 

また、Naoさんは歴史・文化・宗教にも詳しく、そういったことに関してあまり知識のない私にもガイド中にいつも分かりやすく教えてくれました!感謝!

Naoさんのガイド・撮影は控えめに言って最高でした!

今回、そんなNaoさんに実際にガイド・撮影をしていただいて感じた、他のツアーとは一味違う見どころはこちら!

Naoさんのガイド・撮影の見どころ

ローカルな場所(観光客ばかりじゃないところ)に行ける

・プロに素敵な写真を撮ってもらえる

・カメラの荷物が減る上に、盗まれる心配もない

・カメラを遠くに置いたり、人に頼まないと撮れないような引きの絵も撮れる

・自分じゃ判断できない危険な場所を教えてくれて、回避できる

多くなってしまったので、Naoさんの「ガイドさんとしての見どころ」と「写真家さんとしての見どころ」をそれぞれ見ていきたいと思います!

Naoさんのガイドさんとしての見どころ

まずNaoさんにガイドをしてもらって一番良かったのは、なんといっても現地の人の暮らしを知れたことです!

セブは観光地として年々有名になってきているため、残念なことに、普通に観光するだけでは現地の人と関わることはまずありません。

でも今回の旅では現地の方に道を聞き、現地の方しかいない場所へ行き、現地の方が行く食堂でご飯を食べ、できる限り現地の方々の暮らしを体験させてもらいました

(現地の人に聞き込みをしているところ)

こうやって普段関われない方々と話したおかげで、その土地の良さや人の優しさをより感じることができました。

写真家・Naoさんの見どころ

そして次に、Naoさんに写真を撮ってもらう見どころですが、プロの写真家であるNaoさんに撮ってもらえること以上のものはないと思います。

もちろん今回の旅でも自分じゃ撮れないような素敵な写真をたくさん撮っていただきました。(お腹や水着の写真なのでめちゃくちゃ恥ずかしいのですが、Naoさんの写真を見ていただきたいので耐えます!笑)

ところで実はわたし、セブに自分の一眼レフを持って来てはいたんです。

…そう、持って来てはいたんですが、荷物になることや、カメラを構えている間は気を張らないといけないこと(盗まれるのはもちろん、セブは交通量が多くてカメラに集中するとめちゃくちゃ危ない)がネックで、あまり持ち歩けませんでした。

でも今回Naoさんに写真をお願いしたら、荷物は減るし、カメラを盗まれる心配も無くなるし、プロに写真を撮ってもらえるし、本当に至れり尽くせり

もうNaoさんなしでのセブの写真は考えられません(笑)

 

 

そしてちょっと話を戻すと、先日Naoさんが始められたサービスで案内してもらえる場所はセブにあるコロンとカルボンというところになります。

そのコロンとカルボン、実はセブにあるいくつかの語学学校では「危ないから行ってはいけない場所」とされている場所なんです。

しかし!正直ここの魅力を知らずに日本へ帰国するのはもったいない

もちろんセブは観光地な場所も素晴らしいのですが、コロンとカルボンにはこんなふうな、観光地にはない魅力がたくさん詰まっています。

ごらんの通り、フィリピンは現地の暮らしと人々が本当に素敵なんです…!!

 

もちろん旅慣れしていない方が一人で行くにはハードルの高い場所なのは事実なのですが、Naoさんにガイドしてもらってちゃんと気を付けていれば危険な目に合うことはありませんでした。

そして一般的には危ない場所とされている分、なかなか行けないので本当に貴重な体験になりました

 

 

さてさて、このNaoさんのガイド&撮影の気になる料金なのですが、3時間で3000ペソ(日本円で6000円ほど)になります!

貴重な体験とプロの写真の両方を合わせて3000ペソはびっくりするぐらいお得なお値段だと思います!笑

 

観光地に比べてコロンやカルボンでは食事とショッピングを信じられないくらい安く楽しめるので、目いっぱい遊んでもそんなにお金がかからないのも嬉しいところ。

例えばココナッツジュースはカルボンで20ペソ(40円くらい)で飲めますが、観光地なら10倍ほどの値段になることも

また、コロンでは高めに見積もっても一食300円、服は一着500円、マッサージなんて1時間500円程度で楽しめてしまいます!

 

 

ということで、Naoさんにガイド&写真をお願いする見どころ最後にまとめると

貴重な現地の暮らしを体験できる

観光地で遊ぶより安く楽しめる

プロに素敵な写真を撮ってもらえる

の3つになります!

現地の人々の暮らしや温かさを自分の目で見て、人とは違う貴重な体験を写真に残したいそこのあなた!

ぜひともNaoさん(@kinako02756687)と一緒にコロン・カルボンに行ってみてください!

今回撮ってもらったお気に入りの写真

最後に、今回撮ってもらった写真の中でこの記事内で使用したもの以外で3つ、特にお気に入りな写真を紹介していきたいと思います!

 

まず一つ目はこちら!

こちらはシキホール1泊目の宿で撮ってもらった写真です。

Naoさんに「ちょっとうつむいて~!いいね!じゃあ『ちぇっ』って感じで砂を蹴ってみようか!おーいいね!かーーわいいーー!」とポーズの指示を出してもらい、ノリノリでポーズしてます(笑)

Naoさんはいつも写真を撮るときにこうやって楽しく声をかけてくれるので撮られる方もとても楽しくなれます!

2枚目のこちらは海岸沿いをバイクで走っているときに偶然見つけた場所。

木製の手作りバスケットゴールでシュートしています。

写真に写ってはいませんが、手前側にもう一つ同じゴールがあって試合もできるようになっていました。

バスケットコートを手作りしちゃうって凄いですよね…

あ、ちなみにこのシュートは外しました(笑)

最後のこちらの写真は見ず知らずのおじさんと一緒にランチをしているところです。

どの写真もお気に入りですが、特にこの写真はなかなか観光地ではとれない現地の雰囲気が出ていて大好きです!

おわりに

最後になりますが、5日間という長い間ガイドをしながら素敵な写真をたくさん撮ってくださったNaoさんには本当に感謝です…!

旅をしている間ずっと頼りっぱなしだったにもかかわらず、嫌な顔一つせずいつも私の体調などを気にかけてくれました。

Naoさんの写真が好きなのはもちろん、そんな優しいNaoさん自身の人柄が大好きなので、今回一緒に旅ができて本当に嬉しかったです。

 

また近いうちに世界のどこかでNaoさんに写真を撮っていただきたいと思います!(いつか結婚式で撮ってもらうのはもう約束済み)(相手はまだいません)

 

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

今後もNaoさんはおそらく世界各国を転々としていらっしゃるので、ぜひTwitterをフォローして自分の旅行場所と合えば写真を頼んでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です